尿失禁や尿漏れは泌尿器科へGO【女医が教える尿のハナシ】

医者

女性に多い尿漏れ

医師

男性に比べると、女性のほうが尿漏れしやすいといわれています。尿漏れは、膀胱に上手く尿を留めることができず、尿道を伝い、外部に漏れてしまうことをいいます。女性は男性に比べると尿道が短いことや、まっすぐ下向きに伸びていることから尿が漏れやすいといえます。対する男性の場合は、入道が長く二箇所ほど折れ曲がっているため、尿と留める範囲が多くあるのです。そのため、とある調査によると20代から50代以上と幅広い女性の約半数が尿漏れを経験したことがあると回答しているのです。二人に一人は尿漏れを経験したことがあるといえるので、恥ずかしがることなくクリニックや泌尿器科で検査を受けると適切です。特に出産を経験したことがある女性は、より尿漏れを起こしやすいので注意しましょう。

女性の骨盤には、骨盤底筋といって尿道や子宮、膣を支える働きをもっている筋肉がハンモック状にあります。この骨盤底筋は運動不足や生活習慣の乱れ、出産などで緩んでしまいます。骨盤底筋が緩んでしまうと、膣や尿道が緩んでしまいます。そのため、尿道を引き締める作用が薄れ、尿が漏れてしまうのです。そういったこともあり、女性は男性に比べると尿漏れしやすい傾向にあるのです。ちなみに、意識して膣やお尻の穴を引き締める、緩めるといった動作を繰り返すことで手軽に骨盤底筋を引き締めることができます。これは骨盤底筋のストレッチといって、尿漏れ対策として推奨されています。さらに、骨盤底筋を引き締めると子宮の機能低下や膣の緩みも改善されます。女性にとって嬉しい効果が豊富に得られるので、尿漏れに悩んでいる女性もそうでない女性も、骨盤底筋のストレッチを行ないましょう。最近では女性専用の泌尿器科などもあるので、安心して尿漏れ相談ができます。